足幅狭くてお悩みの方に“
靴選びをaraスタッフが解説


普段、自分の足の幅が狭くて普通のサイズの靴が全然合わない・・・
実際より小さめサイズを選んだり、中敷きなどで足幅を合わしてる ・・・
それでは、しっくりきませんよね。

今回はそんな幅細めさん向けの靴選びについてご紹介させていただきます。

 

 

 

幅狭さんが靴選びで気になるポイント。


1.パンプスなどを履くと両サイドに隙間ができる。
2.かかとがパカパカするからサイズを下げると長さが合わない。
3.スニーカーの紐がいつも余る。
4.歩いているうちに足が前に滑っていく。

 

 このような項目にいくつか当てはまるようであれば、幅狭さんの傾向があります。

靴を買いに行くと3Eや4Eなどはコーナーができていたり大きく表示されているのに幅狭さんや細足さん向けのコーナーって以外と少ないですよね。
araのショールームでも沢山のお客様のフィッティングのお手伝いをさせていただいていると幅狭の為、なんかしっくりこないという方は以外に多いんです。

 

 

合わない靴を履き続けていると・・・・。

 

幅狭さんの場合靴がきついわけでもなく、なんとなく履けてしまう為、ついつい大きめを履いてしまいがち。

ただ、靴の中で隙間が沢山ある状態で歩くと足がゴソゴソ動いてあちこち当たってしまい、結果足が前に滑ってつま先が痛くなったり、かかとがパカパカして靴擦れの原因になったりもします。

前滑りを無意識の内に堪えようとつま先を曲げて踏ん張ってしまうことで足の指の関節部分に負担がかかり最終的にはハンマートゥになってしまう!なんてことも⁈


 

 

幅だけではなくかかとのフィット感も大切。


スニーカーをつま先でトントンして履いたり、
靴ベラを使わずに無理矢理履いて、かかと 部分がぐにゃっとなってしまった経験はありませんか?

 

実は靴とかかとのフィット感はとても重要

幅狭さんの場合かかとも小さい方が多く
足が前に滑っていきやすい為
よりかかとのフィット感は重要になってきます。

 ヒールカップに自身のかかとがフィットし
甲部分で足が止まるのが理想的なんです。

 

 

araのこだわりのかかと

 

かかとをキュッとつまんでくれるような履き心地のara

シューズは身体を支える軸となる足を支えてくれる土台。
だからこそこだわりたい。

心地よい履き心地を意識することで、もちろん足の疲れも軽減されます。

 

 

 

幅狭さんのおすすめの木型

木型って何?

木型(きがた)、ラスト(last)ともいわれ靴作りの原型となります。 靴のデザイン、機能などを決める重要な要素となり、araの履き心地はこの木型によって決まる程大切なんです。
araでは、それぞれの木型によって都市の名前がつけられています。
同じサイズでも木型によって履き心地が異なるため、お気に入りの木型を見つけて頂くヒントになればと思います。

 

 

 

PickUP!
木型【ROM】

【ROM】のハイカットシューズ。。
かかとも小さめに作られており甲も低めの木型【ROM】は、多くの幅狭さんに支持を得ています。

程良いハイカットタイプで足を優しく包み込んでくれます。

全体的なフォルムもスッキリとしている為、華奢な足にも馴染みやすいコンパクトなデザインになっています。

  

*木型【ROM】ネイビーカラー購入のレビュー
良い色で、とてもクールです。履き心地は快適。3足色違い持ってます。

 

~COORDINATE~

 

 

 

 

PickUP!
木型【KENT】

ローファー【KENT】
一般的な1Eと2Eの間ぐらいのワイズ感。


しっかりとした細めのかかとのの作りで甲部分もフィットしやすくなっています。

ベルトや紐のないシューズはなかなか手を出せなかった方にもオススメのローファー【KENT】。

キチンと見えて心地良いソフトレザーを使用している為足なじみよく、履いていくうちに自身の足によりフィットしていきます。

~COORDINATE~

 

 「これがあるから大丈夫」
そう思えるaraの履き心地。
今回紹介のアイテムを一度試してみてくださいね。